新人看護師の転職ランキング

新人看護師の離職理由

社団法人日本看護協会が実施した【2009 年看護職員実態調査】によると、離職率は、常勤の看護師が、11.9パーセント新人の看護師は8.9パーセントといった結果が出ています。

離職率は前の年までに比べ、全体として低下ししていますが、依然として医療機関によっては、高い病院も見られ、 労働条件に大きな改善見られず、多忙な業務、進まない支援体制に多くの看護職員が悩み・不満を抱えているのが現状と言えます。

どういったことが看護師の離職理由かというと、結婚という理由が16パーセントでトップの離職理由になっています。

新人といえど、いい相手がいるのであれば、結婚をしてしまうのが女性の本能ともいうべきものでしょうか。

次に多い理由が「サービス残業が多い」という理由で全体の13パーセントをこの理由が占めています。

こういった労働条件が、改善されない限り、その医療機関の看護師不足は止まることはないと言えます。

その他、「とにかく疲れた」という意見が、10パーセント。

これは頑張りやで真面目な看護師にほど多い理由と言えるでしょう。頑張っても何の見返りもない状況を長くすごしてきた過酷な状況が想像できます。

また「達成感がない」という理由。

永遠に続くと思われるほどの患者の入れ替わりなどや、これも待遇面での評価が少ないことから挙げられる理由のひとつです。

そして、課題・役割が多すぎるという理由が10パーセント。

これは業界全体に言えることで、看護師の不足している現在の状況が、ひとりひとりの看護師たちに負担をかけ、こういった状況を作り出していると言えます。

他の理由では、「病院運営に疑問を感じる」とか、「休みが取れない」、「持ち帰りの業務が多い」などが主な離職理由になっています。

もちろんこれらは、医療機関への離職理由として本当に申し出た際の離職理由ではなく、「看護師の本音」の離職理由であります。

こういった離職理由は、「健康上の問題」や「他にやりたいことを見つけた」、「配偶者の反対があって仕方なく」といった離職理由にすり替えられ、こういった理由を鵜呑みにしてしまう医療機関は、職場環境や待遇を改善することなく、問題である「離職率」を下げることはできません。

こういったことからも、看護師の転職支援サイトに登録している医療機関などは、プロのコンサルタントに指導やアドバイスを受けていますので、こういったことへの改善に取り組み、「定着率」を挙げることに成功しているのです。

こういった理由から、

・ナースフル
・マイナビ看護師
・ナースではたらこ

などの転職支援サイトを利用して転職活動をすることは、職場環境の整ったいい条件の医療機関に出会えるということが言えるのです。

新人看護師転職ランキング!まずはここに登録してみよう!

ナース人材バンク

URL:https://www.nursejinzaibank.com/ ※東証一部上場企業が運営




ナースフル

URL:http://www.recruit-nb.jp/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス



※当サイトでは上場企業が運営するナース人材バンクが安定して1位を獲得中です。
※リクルート系企業が運営するナースフルも人気上昇中です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 新人看護師の転職ランキング All Rights Reserved.