新人看護師の転職ランキング

新人看護師の研修

看護師になり、新人看護師として職場へ働きにいくと新人研修というものをしなければなりません。

こういった新人研修を行う目的は、学生から社会人へ自分の立場が変わると言うことをしっかりと把握してもらうためで、会社組織の原理原則を知り、いち社会人としての心構えを確立してもらうためにあります。

もちろん看護師の業界の場合は、医療機関独自の新人オリエンテーションから始まり、朝9時から始まり、夕方の17時くらいまで、病院の規模によってこういった時間はさまざまですが、このくらいの時間をもうおけている医療機関がほとんどのようです。

受け身の講義のことが多いため、退屈で仕様がないと思うかもしれませんが、その医療機関で働く以上大事なことですので、しっかりとした態度で受けることが必要です。

内容は、病院の理念から始まり、患者さんへの接客マナーや電話の応対などもあり、最後は看護技術の復習(医療器具の扱い方や寝たきり患者さんの動かし方など)まで研修の中で行う医療機関も多いようです。

また日本看護協会では、卒業後の臨床研修を推進しており、この背景には、「保助看法」「人確法」の改正により、平成22年4月から新人看護職員の卒後臨床研修が努力義務化となったことが挙げられます。

看護の質向上、医療安全の確保、早期離職防止の観点から、新人看護職員研修は不可欠であり、各病院・施設での実施も努力義務となっています。

こういったことから、新人看護師は必ずこの新人研修を受けなければならないとされているのです。

こうした新人研修を経て、晴れて看護師としてデビューするわけですが、実際の職場へ入ると様々な問題がでてきます。

そういった不安や不満によって離職をしてしまう新人看護師も多くいるというのが現実です。

こういったことを無くすためにも、

・看護roo(カンゴルー)
・DODAナース
・ナースパワー人材センター

などの看護師転職支援サイトの利用をすることをお勧めします。

やはり医療業界の内情にはまだまだ疎い新人看護師ですので、業界のルール、セオリーなどは知らない方がほとんどであると言えます。

こうした場合、看護師を長くしていくための秘訣などを知っているキャリアコンサルタントがあなたの悩みをさまざまな知識から解決してくれるサービスを行っています。

こうした支援サイトは無料で登録、そしてサービスを受けることも無料となっていますので、気軽に相談することができるのです。

新人看護師特有の悩みなども支援サイトのコンテンツなどの紹介されていることも多いので一度ご覧になってみることをオススメします。

新人看護師転職ランキング!まずはここに登録してみよう!

ナース人材バンク

URL:https://www.nursejinzaibank.com/ ※東証一部上場企業が運営




ナースフル

URL:http://www.recruit-nb.jp/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス



※当サイトでは上場企業が運営するナース人材バンクが安定して1位を獲得中です。
※リクルート系企業が運営するナースフルも人気上昇中です。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 新人看護師の転職ランキング All Rights Reserved.